マンション管理士の合格率でわかること

マンション管理士の難易度を説明する際に合格率が良く用いられます。
しかし、合格率はマンション管理士の難易度の目安にはなっても、 試験そのものの難易度を正確に測れません。

例えば、マンション管理士と同じような合格率の行政書士と比べられることがよくあります。
一般的には行政書士の方が難しいとされますが、マンション管理士の方が難しいと言う方も結構いるのです。

通常の国家資格は、テキストや問題集で行った勉強から出題されるケースというのが多いのですが、マンション管理士の場合はそうではありません。
より実践に近い問題が多く、覚えた知識をしっかりと理解して、それを応用して問題を解いていけなければいけないので、思考力が求められます。
ですから、試験の性格や問題そのものがまったく違うので、合格率だけでは試験の難易度を判断できないのです。

しかし、一つだけでは言えることは、マンション管理士の試験は難しいということです。
先ほどマンション管理士の合格率だけでは、試験の難易度は、計れないと言いましたが、 やはり合格率が1桁台の試験で簡単という事はありません。

それに、マンション管理士は仕事の性質上、会計、建築、法律と身に付けなければいけない知識も広く、多くの受験者を苦しめているのが現状です。

皆さんは、マンション管理士の合格率が気になり、このサイトに訪れたという事は、 試験に挑戦しようと思っているのだと思います。

但し、その前に理解して頂きたいのが、マンション管理士の試験を簡単に考えない事です。 書店へ行って問題集を買い、独学で勉強しようとか、空いた時間少しだけ勉強すれば、 合格できるだとか、気軽に考えて勉強しても決して合格できる試験ではありません。

しっかりと学習スケジュールを立て、そして良い教材を使いながら、正しい勉強をしていく事が求められます。

そこでこのサイトでは、マンション管理士に合格するために知っておきたい、 テクニックやノウハウをお伝えしていきます。
そのことを理解できれば、マンション管理士のような合格率が低い試験でも 合格できる可能性は十分にあります。 是非参考にして下さい。