マンション管理士に独学で挑戦する最大の難点!

皆さんもご存知の通り、マンション管理士は9割以上の方が不合格になります。
では、何故こんなにも不合格者がいるのでしょうか?

それは「試験が難しいから」と誰しもが思うはずです。
確かにマンション管理士は難易度が高く、簡単に合格できる試験ではありません。
数多くある中の国家資格の中でも、難易度の高い部類に入る試験でしょう!

しかし、本当に試験が難しいからだけでしょうか?
私は違うと思います。

皆さんもそうだと思いますが、高校時代や中学時代に良い学校に進学したいと思えば、 学校だけの勉強じゃ飽き足らず、塾や家庭教師を利用していたと思います。
それはレベルの高い授業を受けて、今よりも学力を上げたいと言う意欲の現れです。

しかし、不思議と資格の勉強になれば、独学で何とかしようと思う方が多くなるのです。

今まで、先生や講師の授業を受けて勉強していたのに資格となったとたんに勉強スタイルが変わってしまいます。
しかもマンション管理士の資格は、受験勉強と同様の大変さがあるはずです。
つまり、これだけ不合格者が多くなる原因は、独学という学習スタイルを選ぶ人が多いからなのです。

独学で勉強するという事は、文字通り一人で学ぶという事で、そこには教えてくれる人はいなく、全てテキストで知識を吸収しなければなりません。

ただ、テキストというのは、どんなにわかりやすく書いていたとしても最終的には読解力が必要となり、皆が皆、理解できるわけではないのです。

勉強が出来ると言う人は、その読解力に優れていて、一つのテキストから様々なことを読み取り そして、実行できるからです。

しかし多くの人はそうはいきません。
しっかりとした講師の下で、わかりやすく説明してもらい、はじめて理解できるのがマンション管理士という試験になります。
もちろん、講師の下で学ぶとなれば、通学講座を利用しなければならずお金がかかり、 しかも時間も拘束されるので、社会人には簡単なことでありません。

ですが、今は通信講座でDVDやCDなどを利用して講義を聴けますし、受講料もかなりやすくなっています。(通信講座でも講義を聴けないところもある)

あくまでも資格試験の目標は、独学にこだわることではなく、合格を目指すことです。
そのために必要な方法を選ぶべきだと感じます。

マンション管理士に合格するための秘訣の一つは、講義を聴くという事です。