マンション管理士に合格するための学習スタイルは?

これから皆さんが考えなければいけないことは、どのような学習スタイルで勉強するかです。
独学の人もいるでしょうし、通信講座や通学講座を受講する方もいます。

その勉強スタイルの選び方は生活環境によっても変わりますので、どの方法が良いと一概にいえませんが、ポイントは現在のレベルに合わせた学習スタイルを選ぶことです。

どういう事かというと、マンション管理士は実務経験者が有利になる資格で、まったく知識や経験がない方が独学で合格するのは困難です。
それこそ、今まで勉強してきていない方が、短期間で一流の国立大学を独学で合格するようなものです。
このことは決してオーバーな話しではなく、そのくらいのイメージです。
しかもマンション管理士に挑戦する方は、社会人が多いので、学生の時のように勉強時間を確保できません。

それとは逆に宅建や管理業務主任者の資格を持っていれば、ある程度の基礎が身についていると 予測できますので、独学で合格できる可能性が高まります。
しかし、それでも不合格になる人の方が多いのが現状です。

マンション管理士は実務に関わる問題が多く、より深く知識を理解しなければいけないので、 独学のようにテキストを読むだけで理解していくのは困難になります。
どうしても実務の話を加えた講義を聴いていかないと問題を解く解答力が付きません。

これが他の資格ならテキストに書いている事をひたすら理解すれば、何とか対応できますが、 マンション管理士の試験にはその方法は通用しないのです。

もちろん、マンション管理士に対してかなりの知識がある方や、勉強に自信がある方は独学でも構いませんが、可能な限り避けたいところです。

では、どの学習スタイルがよいかというと、このサイトでは通信講座をオススメします。

通信講座なら、自由な時間にDVDやCDなどで講義を聴きながら学習できますし、 通信講座専門校なら受講料はかなり安くなります。
という事は、仕事しながら勉強する社会人には最適な学習環境を整えられるのです。

ただ、学習スタイルは個々の環境にもよって変わるので、最終的には自分の生活と相談しながら 決めてください。