マンション管理士の合格率

では、マンション管理士の過去10年の合格率を見てみてみます。

年度 受験者数 合格者 合格率 合格点
平成17年度 26,184人 1,909人 7.3% 34点
平成18年度 21,743人 1,814人 8.3% 37点
平成19年度 19,980人 1,479人 7.4% 36点
平成20年度 19,301人 1,666人 8.6% 37点
平成21年度 19,120人 1,444人 7.6% 34点
平成22年度 17,704人 1,524人 8.6% 37点
平成23年度 17,088人 1,587人 9.3% 36点
平成24年度 16,404人 1,498人 9.1% 34点
平成25年度 15,383人 1,265人 8.2% 38点
平成26年度 14,937人 1,260人 8.4% 36点


平成26年度
年齢 受験申込者数 受験者数 合格者数 合格率
~29歳 1,679(9.6%) 1,339(9.0%) 89(7.1%) 6.6%
30歳台 3,500(20.1%) 2,872(19.2%) 294(23.3%) 10.2%
40歳台 4,454(25.5%) 3,753(25.1%) 314(24.9%) 8.4%
50歳台 4,150(23.8%) 3,636(24.3%) 316(25.1%) 8.7%
60歳~ 3,666(21.0%) 3,337(22.3%) 247(19.6%) 7.4%
合計 17,449(100.0%) 14,937(100.0%) 1,260(100.0%) 8.4%

マンション管理士の合格率が一桁で難易度が高いという事は、皆さんもご存知の通りです。
それよりも注目したいのは、合格者の属性です。

この数字を見ると合格率が一番高いのが30代です。
普通に考えれば、30代は活発な世代なので、学習能力が高く 合格率も高くなることは言うまでもありません。

が、しかしマンション管理士の試験に限って言えば、実務で使う知識が問われるので、 経験者が非常に有利になります。
となると、20~30代よりも40代~50代の方が現場での経験も豊富で、 マンション管理士の合格率が高くなるはずです。

でも、実際は30代の方が合格率は高いのです。 ここが大きなポイントになります。

確かに実務経験豊富であれば、試験に対するイメージがしやすく、学習の理解が早まります。 一方、経験がなければ、バックヤードが何もない状況からはじめるので、 一つの知識を理解するにも時間がかかってしまうのです。

ですが、どんなに経験者が有利な試験でもあっても最終的には学習の質と量がものをいう事を このデーターが証明していることになります。

ですから、これから試験勉強される方は、とことん学習の量と質にこだわってほしいと思います。 当たり前ではありますが、最終的に合格する人は努力した人です。

今の世の中ではどんなに努力しても結果が出ない事が多いのですが、 マンション管理士の試験では、必ず努力が報われます。

もう一度いいますが、マンション管理士に合格するためには学習の量と質です。
このことは忘れずにいて下さい。