逆転の発想で勉強し、マンション管理士に合格する。

はじめに伝えておきたいのがここで紹介する勉強は、どうしようもなくなった時の裏技的なものです。 あくまでも参考程度にして下さい。

マンション管理士の勉強をしているとわかりますが、出題範囲が広くて基礎知識さえも終わらないと感じることがあります。
特に独学で勉強される方はそう感じるのではないでしょうか。
それが、本試験まで期間があれば良いのですが、残り1ヶ月や2ヶ月で、その状態だとたぶん普通に勉強しても間に合わないと思います。

そんな時は基礎知識を諦め、過去問から解いていきます。
そして、わからない箇所はテキストや講義で確認していきます。
つまり、テキストで知識を理解してから問題を解くのではなく、はじめに問題集を解いて テキストで内容を確認するという逆転の発想をするのです。

このサイトではすでに過去問を勉強すれば出題傾向が分析できると説明しました。
ということは、本試験でも同じような問題が出題される事が多いのです。
だったら、予め過去問の勉強に特化した方がピンポイントで学習できる可能性が高まります。

この勉強法のポイントは多くの問題集に手を出さない事です。
多くても2冊程度にして、その問題集を完璧にすることです。
色々な問題集に手をつけてしまうと、知識が定着せず、逆に何もわからなくなってしいます。

しかし、前ページでも言いましたが、この勉強法は一か八かなりますので、できるだけ避けてください。
運よく同じような問題が出題されれば良いのですが、基礎が身についていない状態で、 問題の表現を少しでも変えられると対応できなくなる恐れがあります。

それにこの勉強は、多少なりとも知識のある方限定の方法です。
まったくの初心者がこの勉強法を行なっても、たぶん通用しないと思います。
それでも、本試験までの期間が1ヶ月や2程度なら一から勉強するよりは可能性があります。

ですが、皆さんが目指す勉強は何度も言うように、基礎から過去問そして模擬試験です。
そのことを前提として学習スケジュールを立てて下さい。